2014/04/09

工場での取組1
工場での取組1

工場での取組1

工場への入場手順
入場前に徹底的に衛生面をチェックし
あらゆる危険要因の進入を防ぎます。

入場前の細かいチェック

清潔な服、帽子、マスク、くつ等統一された衛生的な作業着を着用しています。

頭巾から髪の毛が出ないようにします。マスクから鼻、口が出ないようにします。上着からズボンが出ないようにします。ズボンの裾はくつ下の中に入れます。靴は常にきれいな状態で着用します。
頭巾から髪の毛が出ないようにします。マスクから鼻、口が出ないようにします。上着からズボンが出ないようにします。ズボンの裾はくつ下の中に入れます。靴は常にきれいな状態で着用します。

粘着ローラーによる異物除去

粘着ローラーによる異物除去
粘着ローラーによる異物除去

工場に入る時、鏡の前に立ち毛髪が帽子から出ていないか確認し、粘着ローラーでゴミや毛髪を取ります。
わが社では、作業場へ入るまでに粘着ローラーがけを2回行います。
作業中も1時間に1回粘着ローラーがけを行い異物混入防止を徹底しています。

手洗いによる殺菌

手洗いによる殺菌
手洗いによる殺菌

お弁当を食べる時に気になることで、まず最初に思いつくのが食中毒。食品工場で作業する人の手が汚れていたら大問題! 決められたルールでしっかりと手洗い殺菌をし、乾燥後にアルコールで消毒します。

衛生担当による最終チェック

衛生担当による最終チェック
衛生担当による最終チェック

最後に、衛生の担当者により毛髪等の付着やはみ出しがないか、爪が伸びていないか、手に傷がないか、作業服に乱れがないか最終チェックをします。また、ハンディタイプの金属検出機により金属の持ち込みがないかボディチェックも行います。さらに、健康状態の聞き取り確認も同時に行います。

ホームへ先頭へ前へ戻る